目指せ!声優!俳優!自分は表現者だ!!

声優・俳優を目指す方々にいろんな情報をお届けします!

技を盗む!

盗め!

f:id:wonderlahen:20190129045555j:plain

 

よく、

技術は見て盗め

と、言われます。これは重要なスキルです。

 

なんで?教えてよ!

 

そう思いますよね?

 

じゃあ、教えるので授業料ください

 

・・・・

 

そうなっても、間違いではないですよね?

 

ケチだなって思う人もいるかもしれません。

ですが、その人が

時間やお金をかけて、勉強して自分なりに作ってきたもの

 

そういった自分の武器をそう安々と渡したいと思うでしょうか?

 

まぁ中には、30代の役者が高校生の演技を教える。

これは、人により教える人もいるでしょう。

それは、その人にとっては高校生の演技はそうそう必要ないものになっていきますから。

 

他の例として、多いのは

自分が教えるなんてそんなことはできない

 

という自分は教える立場の人間ではない。何故なら自分は教師ではなく、役者だから。

 

そういう考えの方も多いからです。

 

こういった点から、我々は先輩や、上手な人の演技を見て盗む。

これも役者、表現するうえで重要なスキルというわけです。

 

人間観察

僕が教えている生徒の中で、「趣味は人間観察です」と生徒が結構います。

そんな生徒に「例えば?」と聞くと、「道行く人を見たり、面白いと思った人を見て何かに生かせないかなって思いながら見ています」

 

なるほど。確かに、お金はかからないし、特に周りの人に迷惑をかけてもいない。

それでいて、自分のスキルに生かせるのは良い趣味だ。

 

「じゃあ、その観察で何か得たものを見して!」

 

「(演技)」

 

「・・・・?それは何をやってるの?」

 

「○○をやってる人です」

 

「クオリティ低くない?笑」

 

「だって初めてやったんですもん!!」

 

・・・・え?

 

正直、そんな感じであろうなと思っていましたが。

 

皆さん、

 

見ただけ、聞いただけ、知っただけでは出来ないですよ?

 

そういう人に思うことは、何のために観察をしてるのかってこと。

 

自分の役のストックを貯める目的で観察しているんですよね?

出来ないということは、ストックできていないということです。

ストックをする、という作業をするまでが観察ではないでしょうか。

 

ストックしなければ、ただ見ていただけ、記憶に残っているだけになります。

 

人は何事もインプットだけでは習得できない

アウトプットとセットで行って初めて身につく

 

このアウトプットの作業を怠っている人が非常に多いです。

 

それはなぜか。

 

観察をして、そこで満足しているからです

観察を終え、心の奥の気づかないところで「よし、OK」となるのです。

 

これでは身につきません。

本気でストックを、技術を身につけたい人は

 

アウトプットの作業を怠らない!

 

その作業が、あなたの演技の幅を豊かにするヒントかもしれませんね。

 

 

 

 

個人的にも色んな相談を受けております。

気軽にTwitterのDMや、メールをください。

少しでも誰かの力になれますように。