目指せ!声優!俳優!自分は表現者だ!!

声優・俳優を目指す方々にいろんな情報をお届けします!

失敗談!

やってしまった・・・

f:id:wonderlahen:20190124022708j:plain

皆さん、失敗をしてしまったことがありますか?

 

大抵の方はあると思います。笑

 

私も、もちろんたくさんあります!!笑

 

その時は、一瞬にして頭が真っ白になりました。

 

その後も、結構引きずっていたことを覚えています。

 

今回は、そんな僕の失敗談をご紹介し、皆さんに笑ってもらい、安心して頂く記事になります笑

 

気軽に読んでみてください。

 

か、刀がっ…!!

f:id:wonderlahen:20190127025035j:plain

 

数年前、とある舞台に出ていた時のお話です。

その作品は、

 

一人の勇敢な百姓が、横暴な武士たちに立ち向かうが、自らを犠牲にして村を守り、死んでしまうといった内容のお話でした。

 

僕の役どころは武士で、物語終盤で主人公の目を刀で切り、失明させるという、とても大事なシーンがありました。

 

そうです、ここです!

 

あの悪夢は!!笑

 

僕がゆっくりと、舞台袖から出ていき、地面に転がっている主人公に向かいます。

 

ゆっくり、ゆっくりと・・・・

 

怯える主人公。

 

軽い笑みを浮かべながら、主人公を見下ろします。

 

そして、刀をぬk・・・・ぬ・・・・

 

抜けない!!!!!

 

パニックです!!笑

 

ここで、僕が目を切らなければ、今後展開していく話がおかしくなります。

絶対に目を失明させなければならなかったのです。

 

何回・・・・何回抜こうとしても、びくともしない・・・・

 

数秒間の出来事でしたが、僕の体感では10秒以上に感じました。

 

結果どうなったか!!

 

 

 

 

殴りに行きましたよ、素手で!!笑

 

主人公の人もびっくり!笑

 

 

『え!?!?』

 

あの顔、今でも覚えています。笑

 

そりゃ、そうですよね。

刀で切られる予定が、素手で殴りかかってくるんだから。笑

 

なんとか目を潰したというように持っていき、なんとか辻褄をみなさんが合わせてくださって、その回の公演は終演しました。

 

終わった後、すぐに共演者一人一人に謝り、もちろん演出家にも頭を下げにいきました。

 

 

バチクソに怒られました!笑

 

当然です笑

 

原因は鞘と刃の間に、とても小さな布きれが挟まっていたため、噛んで抜けなかった。

 

自分が使う小道具を本番前に確認しなかった僕のミスです・・・・

 

失敗から得たもの

 

その失敗から、本番前は必ず毎回小道具の確認を行うように癖付きました。

あんな悪夢こりごりですからね・・・・笑

 

今でもその時の共演者に会うと、

 

『おい!グーパンチ!』

 

と、変な呼ばれ方をすることがあります笑

 

あの頃は絶望でしかなかったですが、今となっては笑い話。

 

今回何を伝えたかったのか。

 

失敗はその後、どう行動するかが大事。

 

人間は誰でも失敗します

初心者だろうが、ベテランであろうが。人間ですから

 

失敗は二度としないための何かを手に入れる、成長のチャンスなのです。

 

起こってしまった失敗は仕方ない、なかったことにはできない。

だから立ち止まってはいけない。

たとえショックで前に走ることはできなくても、最低限歩き続けなければならない。

反省するのは全部終わった後。

 

大事なのは二度としないための成長

 

僕の失敗はこれだけではありません。

もっとたくさんあります。

 

でもお芝居を続けることができている。

こんな僕についてきてくれる人もいる。

 

レッスンされている方、どこか学校などに通われている方。

失敗はできるときにたくさんしておいた方が絶対にいいです。

 

仕事として受けるときには、みんなプロです。

現場で失敗するチャンスなんてありません。

 

そのためにもたくさんのことを知って、体験して、失敗して、

 

自分の経験値を稼ぎましょう。

 

いつかその失敗があったからこそ、乗り越えられる、成功できる瞬間が来るはずです。

 

頑張ってください、いや

 

頑張ろう!!