目指せ!声優!俳優!自分は表現者だ!!

声優・俳優を目指す方々にいろんな情報をお届けします!

滑舌がよくなる!?

滑舌って

f:id:wonderlahen:20190125030838p:plain

滑舌とは、

言葉を明確に発音する口の動き、舌の動き

という意味です。

 

滑舌が悪い

 

悩んだことある方は多いと思います。

 

実際、僕も悩んでいました。

今は、正直完璧とは言えませんが、当初よりずいぶん良くなりました。

 

それは、普段の練習の成果というものもありますが、

 

無意識を意識することも必要です。

 

これは、どうゆうことかと言うと、

 

メジャーな方法として

 

鏡を見て、口の形を確認しながら発声する

 

というものがあります。

 

実際、慣れるとすぐできます。

 

でも、滑舌が良くならない

 

悩みました。

 

しかし、あることがきっかけで滑舌が悪い原因がわかったのです!!

 

それは、

あるとき、友達が僕のことをスマホで動画を撮っていました。

なんてことない動画です。

その動画をラインで送りつけてきて

 

「なに勝手に撮ってんだよ笑」

 

と、心で思っていたのですが・・・・

 

何か違和感があったのです

 

よく見ていると、

 

話している僕の口の動きがおかしい

 

そう気づいたのです。

 

「い」の発音をする口の形が「う」に近いほど丸くなっていたのです。

 

これは、驚きでした。

別に聞き取れない訳ではないのですが、これは・・・ショックでした笑

 

無意識

 

これは、容易に自分で確認できるものではありません。無意識ですから。

 

ではどうすればいいのか?

 

正しい動きを無意識化すればいいのです。

 

???

 

ですよね笑

 

ですが、無意識化は可能です。

 

人間は、色々諸説ありますが

 

80~95%が無意識に行動しています

 

人は無意識の領域に行動を入れるまで、

 

約10000回の反復行動

 

が、必要だと言われています。

大きい数字と思いますが、決して果てしない数字ではありません。

毎日しているなら、日課になっているならば、すぐです!!

 

 

 トレーニング方法

ここで、僕がいつもやっているトレーニング方法をご紹介します。

 

母音発声というものです。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、とてもいい訓練方法です。

 

やり方は、

ア行の軽いロングトーンをしてからカ行から開始します。

 

カーアー、キーイー、クーウー、ケーエー、コーオー

 

という風に、母音を強調します!

 

ダメな例は、

カー、アー というような母音をわけて発声することです。

 

これをその行、すべて行います。

 

これが滑舌と何の関係があるのか?

 

実は、

滑舌が悪いと勘違いしているパターンがあります。

 

滑舌ではなく、母音がしっかり発声できていない。

このパターンがあるのです。

 

よく、歌のレッスンで、母音だけで歌うっていう練習方法もあるくらいです。

 

そのくらい効果はあります。

 

皆さんも是非自分の練習方法に組み込んでみてください!!