目指せ!声優!俳優!自分は表現者だ!!

声優・俳優を目指す方々にいろんな情報をお届けします!

【演技】あなたは勇者ですか?

 f:id:wonderlahen:20190124014414j:plain

※最後まで見てください

今回の記事は人によれば「はぁ??」と思われる方がいるかもしれません。しかし、今回の記事で変われる方もいらっしゃると思います。そのためにも最後までぜひお付き合いください。

 

 

演技

自分の演技が上達するのってどうすればいいの…

難しい問題ですよね。

 

僕が演技を始めた頃、

まず、何が上手、下手な演技が分からない

 

これが一番の悩みでした。

 

何かの舞台を観にいって、その後友達と話すわけです。

 

『あそこ、よかったよねー!』

 

『あの人うますぎる!』

 

隣で聞いていた私は、(…何が??)と思いながら、

 

『確かにぃぃ↑↑』

 

と、同調するだけでした。流れで笑

 

それが劣等感にもなる訳ですよ!

 

友人は何か、見えないものを見つけている。

対して自分は、見えてもいない。

 

 

心には悔しさと、虚しさ、そんな学生生活を送っていました。

 

ただ、唯一救いだった事は、自分は意外と周りから見ると芝居が上手。

芝居の評価が高かった事です。

 

 

もちろん、ここで過去の自慢話をしたい訳ではありません!

これにも謎があったのです。

 

上手な演技、下手な演技が分からない自分は何故、上手な演技と言われたのか。

 

これは、自分ではもどかしいものでした。

 

登った記憶もない崖を前にして、周りの友人が『あいつ登ったらしいぜ』と噂するような…

 

例えがわかりづらいですね笑

すみません笑

 

でも、そんな感じの気持ちでした。

 

意識的には何もしていないのに、出来ているという周りの声に対する自分の中の矛盾。

 

さっぱりでした。

 

センスがいいのか?と鼻を伸ばした時期もありましたが、結局分からず終いで学生生活を終えてしまいました。笑

 

 

 

さて、本題に戻ります。

 

上手な演技、下手な演技が分からなかった自分が今は理解している。

上達するには、理解する事が必要なのです!

 

もちろん、例外はあります。

それはパワプロなどで見る、センス○というステータスを持つ人です笑

 

感覚で出来る…

 

羨ましい!!!!泣

 

 

ですが、この世の中にはいるのです。

 

自分は感覚で出来るタイプではなく、プランを綿密に立て、備えるタイプだったので、そういう同期と芝居をする時は、何か胸が締め付けられる想いをした事を未だに覚えています。

 

また話がズレてしまいました笑

 

 

上達するためにには、

 

理解すること

 

これが大事です。

 

何を??

 

と、疑問を持たれるでしょう。

 

自分が求めるもの、です。

 

 

おいおい、抽象的だな

 

いえいえ、これはすべての人に対して言える、アドバイスなのです。

 

演技だけではない、歌やスポーツまで。

 

理解を深める事が上達する経験値になるのです。

 

すぐに効果ある方法とかないのかよ!

 

 

確かに、即効性がある方が実践しやすいですよね。

 

基礎が一番大事

 

 

これを何故皆んなが口を揃えていうのかと考えた時に、

 

答えは一つです。

 

当たり前だからです。

 

基礎の上に基本があり、その上に応用がある

 

少なくとも私たちはそう教えられてきました。

 

一番分かりやすいのが数学です。

 

算数の足し算、引き算、掛け算、割り算。

これは基礎です。

数学の問題を、この4つができない人が解けるか?

 

無理があるでしょう笑

 

どの分野に関しても、基礎が出来なければ、その上が形良く出来ない

 

当たり前のことです。

 

ですが、人は楽をしたい生き物です。

簡単に出来るならめんどくさいこと飛ばして、出来るようになりたい、そう思うのです。

 

 ですが、そんなうまい話はないんです。

 

理解を深めて、『何のために今これをやっているのか。』

これが経験値に響きます。

 

 

RPGの主人公

 f:id:wonderlahen:20190124023057p:plain

地道な経験値、稽古で実力はついていきます。

まるで、RPGゲームのように。

 

楽して、上達する方法はないか、を探している時点で地道にやっている人と差はあるんです。

 

最初の森で地道に経験値を稼いでいる勇者と、

最初の町で良い武器、いい裏道などの情報をずっと聞いているだけの勇者

 

あなたはどちらですか?

 

もし、あなたが下の勇者だった場合、あなたはとっくに気づいているはずです。

どうすれば進むことができるのか。

 

経験値を稼ぐしかないと

 

最初の森で、スライムなどを倒して経験値を得てレベルアップする

 

わかっているはずなんです。

わかっているのに、それを見ようと、気づこうとしないのです。

楽ができるなら、そっちの方がいいから。

 

偉そうに説教じみていて申し訳ありません。

僕の気持ちとしては、気づいていない人は気づいて欲しいのです。

それは、昔の僕がそうだったからです

 

昔、挫折した僕は、

最初の町でいい装備の情報をずっと聞いていて、みんなと差が出てきたことに気づいたが余裕な顔をして過ごしていた。

そして焦ったように最初の森に入るが、敵にすぐ飽きて、そのままラストダンジョンに向かい心折られる。

 

当たり前ですよね?笑

 

勇者として

 f:id:wonderlahen:20190124022708j:plain

自分への嘘をついていませんか?

何かと理由をつけて正当化してませんか?

 

今一度、自分にとって役者とは?演技とは?表現とは?

理解を深めてみましょう。

 

見ようとしていなかった自分の暗い部分も確認して。

 

大丈夫です。有名でもない僕のこの記事を見たくらいで変わろうと思う方、行動を改める方はほぼいないでしょう。

 

ですが、一人でも僕の想いが伝わった方は

 

勇者としてレベルアップするでしょう